« 柔道部を扱った漫画作品について | トップページ | 全力全用 自他共愛 (精力善用 自他共栄 の個人的再解釈です。) »

2019年10月 2日 (水)

嘉納治五郎の死

9月29日放送の大河ドラマ『いだてん』第37回「最後の晩餐」で嘉納治五郎の死が描かれました。

私の手元にある『嘉納治五郎大系 第十四巻』には、270ページほどある本文中、200ページ程を割いて「嘉納治五郎追登録」「嘉納先生を偲ぶ座談会」が掲載されています。

そこには『いだてん』作中でも描かれた、嘉納治五郎の最期を看取った外務省平沢和重氏の手記も掲載されています。

まだ全てを読んだわけではありませんが、冒頭数ページを読んだ上での気づいたところを書いてみます。

 

手記によりますと、作中語っていた精力善用について嘉納治五郎は最期の船旅の中で言及しています。

また、船内での港の会食の際に「人生で一番面白かったこと」を話題にしたことも平沢氏の手記には書いてあり史実だったようです。

実際には嘉納治五郎は風邪で体調が悪く自らのことを語ることはなかったおうです。

 

『いだてん』作中ではほとんどの人物は描ききれていませんでしたが、記録では氷川丸の帰港、嘉納先生の遺体の「哀しき凱旋」の際に、出迎えにあったのは、

嘉納先生の妻の須磨子夫人、嗣子の履正氏、長女綿貫範子夫人、横浜在住の五女篤子さんの夫君高崎正見氏をはじめ新席、

講道館の永岡秀一、飯塚国三郎、佐村嘉一郎、三船久蔵、の各指南役、

下村宏大日本体育協会会長、平沼亮三副会長、

カイロ会議に嘉納治五郎と共に活躍した永井松三事務総長、葬儀委員長に財部彪海軍大将、IOCの盟友副島道正、末弘厳太郎体協専務理事、

といった諸氏がいたと記述されています。

嘉納治五郎の遺志を継ぐ物語で『いだてん』はまだまだ続きますが、まだまだ描ききれなかった人物はたくさんいます。

そういった人物も描ききれる大河ドラマ『嘉納治五郎』も望むところです。

 

« 柔道部を扱った漫画作品について | トップページ | 全力全用 自他共愛 (精力善用 自他共栄 の個人的再解釈です。) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事