« 嘉納治五郎の死 | トップページ

2019年10月17日 (木)

全力全用 自他共愛 (精力善用 自他共栄 の個人的再解釈です。)

インスピレーションです。

講道館柔道(と武徳会柔道等、関連流派)の創始者の、嘉納治五郎師範の唱えた柔道の理念、究竟の目的は

「精力善用 自他共栄」(心身の力を最も有効に活用し 己を完成し 世を補益する)ですが、

いまいちしっくりこなかった部分を自分なりにしっくり来るようにちょっと再解釈し、少しパロってみました。

 

「全力全用 自他共愛」

 

心身の力を「精力」と現した嘉納治五郎師範ですが、今の概念で言うと「力」には精神・頭脳・肉体以外の意味合いも含まれると思います。

機械などの肉体外の力や、社会の力など。

個人的にはそれを「全力」と表現できるかな、と思います。

 

嘉納師範は、最も有効に力を使用することを「善用」(最善活用)と表現しました。

また、社会生活に益を成す行為・その目的の方向性を「善」とも表現しました。

しかし、価値観の多様化の時代においては、善悪を簡単に割り切れません。

善悪両方を含めて価値観の転換があろうと活動できることを自分なりに表現して「全用」としてみました。

 

「自他共栄」、自分も栄え幸福となり、他人にも協力し、お互いに栄えwin-winの関係になる。

これもなかなか難しい。

自分を幸せにすることもなかなか大変な場合が多く、他人に嫉妬の感情なしに幸福になってもらおうと行動することも現実的にはなかなか難しい。

個人的に根本的な部分で、「栄える」、ではなく「愛」と表現してみました。

 

「全力全用 自他共愛」

何も具体的に表していないようにも見えますし、全てを表しているようにも見えます。

片意地張らずに行こうと思います。

 

固い表現の時は「精力善用 自他共栄」、

ゆるい表現の時は「全力全用 自他共愛」

両方を自分なりに使っていこうと思います。

« 嘉納治五郎の死 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嘉納治五郎の死 | トップページ